無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

(チーム内における)言語に対する非言語(声色、表情、成果物)の優越に関して思考を向けたとき、私はその情報量の多さにたじろぐとともに、人類は永遠に分かり合えないのではないか、と悲しみを感じたのだ。

人類にとって、情報におけるスケール問題は、未知の大地(フロンティア)である。マジックナンバーは拡大方向に打ち破られるのだろうか。

例えば、内部組織の大規模化、多くの人々が関わる生産・流通・消費、民主主義国家における国家と民の関係における、情報面の問題が、これに当たる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
魔法の数字 150 / 人間が活動・維持しやすい集団の構成員数
http://takagi1.net/webcic/lib/inw2/inw_0401210.html#2

2013.09.01 11:18 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/569-1dcd8f15

新しいトラックバックほど上に表示されます。