無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

必要は発明の母である。そして、発明は発見の母である。発明の試作によって様々な問題が顕在化する。発明の完成度を高め、実用化させるには、問題を解決しなければならない。その課程において、様々な発見がなされる。

世界は歪(いびつ)だ。余裕があるところがあれば、余裕がないところ(隘路, ボトルネック)がある。進歩が進んでいるところがあれば、遅れているところがある。だから、必要は、時によって変化する。そして、様々な発見がなされる。

世界は歪さ(いびつさ)は、発見の母である。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
与えられた新しいシステムの短所を補う方法
http://takagi1.net/blogja/archives/35

設計技術発展の方法(2) : 実機を作り、機能させる
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-2959.html

2013.09.28 12:20 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/570-290076c4

新しいトラックバックほど上に表示されます。