無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

文部科学省が作成したパンフレットに学ぶ、熟議を実施する際の順序:

「子ども熟議」のすすめ (2011/ 3)
「中学生熟議」のすすめ (2011/12)

(1) 身近な生活の諸問題から議題を設定する
(2) 見通しをもって話合いの計画を立てる
(3) 司会などの役割を分担する
(4) 自分の考え・意見をもつ
(5) 一人一人が意見を述べ合い、考えを深める
(6) 集団としての結論を導く
(7) 役割分担をして、よりよい生活づくりのために協同して実行する

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/571-40f1abe4

新しいトラックバックほど上に表示されます。