無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

「子(し)の曰(のたま)わく、民の義を務(つと)め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂(い)うべし」---論語・雍也第六。


「民の義を務め」は、いかようにも解釈できる。私は、論語の主旨から離れるかもしれないが、“民が公欲に従い”と言えば良い、と考える。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/589-ddc75feb

新しいトラックバックほど上に表示されます。