無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

文部科学省生涯学習政策局情報教育課が 2015年 6月10日に公開を開始した「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究」報告書が、同12日に非公開になった。

内容に誤りが多かったことが原因のようだ:

文部科学省の考えるコンピュータの歴史 | yasuokaの日記 | スラド
文部科学省が「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究」報告書を非公開に | yasuokaの日記 | スラド

伊藤 博文は、「国家というものがまた知を基盤として成り立っているという考え」に至ったとされる:

瀧井 一博 : 伊藤博文 知の政治家 (中央公論新社, 2013 〈底本は中公新書(2012)〉) 位置No. 1148/5538.

伊藤は立憲体制を布くには、それに先立って、新しい国制に見合った新たな知の制度化が不可欠だと考えていた。ここに来て彼は、国家というものがまた知を基盤として成り立っているという考えに至ったのである。

これは、国に限らない。あらゆる単位が、知を基盤に成り立っている。

例えば、情報教育関係者という単位である。

「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究」報告書を書いた人、それをチェックした人は、その内容の誤りに気づかなかった。基盤とする知が十分に共有されていなかったのである。

言い方を換えると、今回の報告書で基盤とする知が造られようとしていた。しかし、その内容をチェックする知が、関係者に共有されていないために、誤りに満ちた脆弱な基盤が造られるところであった。


さて、この報告書が公開されて、誤りを指摘した人が多数いたのであろう。公開のわずか 2日後に、内容を確認することを理由に非公開になった。

基盤とする知をもっている人はいる。

それは内部だけではなく、外部にも存在する。外部によって誤り訂正ができるのだ。

基盤とする知をもつ外部を、単に多数の個だと捉えるのではなく、調和あるものにする(そのように捉える)ことによって、より高次の活動を実現できるであろう。

瀧井 一博 : 伊藤博文 知の政治家 (中央公論新社, 2013 〈底本は中公新書(2012)〉) 位置No. 407/5538.

伊藤にとって制度とは、単に諸個人の自由を枠付けるものばかりではなく、そこに調和を与えて、より高次の国家的活動を実現するためのものだったと言えよう。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
伊藤博文の思想が、知的制高面の構築を後押しする
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-626.html

2015.06.27 09:42 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/627-21c53762

新しいトラックバックほど上に表示されます。