無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

創造力は、無限ではない。されとて固定量ではないが、増やすには相当の投資が要る。

個の創造の発露を曇らせれば、それは社会の創造力を減じめる。

減ずるに易く、増やすに難い。創造力は、貴重である。

社会の創造力の増加は、社会の改革を生むひとつの条件である。故に、創造力は、重要である。

社会の改革のために

社会の改革のためには、個が余裕をもち、その余裕を表現力と創造力に振り向ける必要がある。また、物質化・表現・創造の有機的連携が必要である。物質化は、表現・創造が、思考・思想に留まらないためのひとつの行動として挙げられる。


関連:
一生涯で書くことのできる文章量

私は一日に書ける文章量が大きな波がありながらも決まっていて、その積み重ねによって一生涯で書くことのできる文書量が決まっているという考え方である。





(補足: 陸軍反乱部隊について。玉音放送前夜に陸軍省はもぬけの殻になっていた、と映画「日本のいちばん長い日」(2015) では描かれており、大抵の中央の陸軍軍人は組織を失う事態に直面し、創造力をもたなかった、と考えられる。そのような中、反乱を計画・実行したことは、創造力の貴重さを感じさせる。)


スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
「日本のいちばん長い日」(2015)鑑賞メモ
http://takagi1.net/eye/archives/378

2015.08.29 14:28 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/632-058f5201

新しいトラックバックほど上に表示されます。