無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

ボイテルスバッハ・コンセンサス (1976年)

(1) 教師の意見が生徒の判断を圧倒してはならない。

(2) 学問と政治の世界において議論があることは、授業においても議論があることとして扱わなければならない。

(3) 生徒が自らの関心・利害に基づいて効果的に政治に参加できるよう、必要な能力の獲得が促されなければならない。

(1) は、“政治教育の先進国”ドイツが打ち立てた「3つの原則」 - Yahoo!ニュース より。
(2)(3)は、近藤 孝弘 : ドイツの政治教育における政治的中立性の考え方 (2011/ 7/25) より。

“政治教育の先進国”ドイツが打ち立てた「3つの原則」 - Yahoo!ニュース

“社会の不安解消”が第1項なら、第2項は言わば“教師の不安解消”のための原則だ。

...

第3項『自分の関心・利害に基づいた政治参加能力を獲得させる』とは、つまり「自分の頭で考え、自分の言葉で意見を言えるようにする」ことだと博士[: ボイテルスバッハ・コンセンサスの土台になった論文『政治の教師は、授業で自分の意見を言うことが許されるか?』(1976年)を執筆したシビル・ラインハード博士] は説明する。自分自身の興味を出発点にし、授業を通して自分の意見を発展させ、主張できるようにする。言わば民主主義の“根本”を身につけることが政治教育の命題だと宣言しているのだ。民主主義は人間が発明したシステム。それは教えなければ身につかないものに違いない。

...

選挙権年齢の引き下げに関して研究・提言を続ける西野偉彦氏(松下政経塾政経研究所 研究員/NPO法人Rights副代表理事)は、日本の政治教育はまだ試行錯誤の過程にあると指摘する。

「政治的問題を自分事として判断するトレーニングをしないまま投票に行くと、扇動的で分かりやすい“ワンフレーズ・ポリティクス”に若者の意識がなだれこむ危険性がある。政治への意識が“観客”から“当事者”へ変わると民主主義はステップアップする」

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/639-18bfa752

新しいトラックバックほど上に表示されます。