無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
「子(し)の曰(のたま)わく、民の義を務(つと)め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂(い)うべし」---論語・雍也第六。

その後半を取り出す: 鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし

何を「知」と謂うべしなのかを考えるに、それは独立だと考える。ただし、孤立ではない。

人智を超えるもの(情報の神。集団での情報の振る舞いなど)または人能を超えるもの(エネルギーの神。自然・自然現象など)の存在を認めつつも、
それに流されない・乱されない堅牢な状態が、「知」をもつ状態である。

すなわち、情報の神とエネルギーの神の、顕在的・潜在的な存在を無くせないという不自由があるが、しかし自在な状態が「知」をもつ状態である。

初出:
Facebook 2016/ 5/19
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
根本的な問題解決
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-347.html
>外乱・内乱があっても、理想的な状態であり続けるようにすることが、根本的な問題解決である。

「論語」
http://homepage2.nifty.com/mukyu/books/booknet/blog-entry-1329.html

(「民の義を務め」)
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-589.html

2016.07.15 19:11 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/659-6340a794

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。