無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

DeNA南場智子会長「ネット情報役に立たなかった」 亡くなった夫の闘病で  - SankeiBiz(サンケイビズ)

南場氏は...「... 家族の闘病が始まったときからネット情報も徹底的に調べたが、それほど役に立たず、がんに効くきのことかいう話が出てきて、信頼できないと思った」と語った。

 南場氏はさらに、「私の情報収集は基本的に論文と専門家からのレクチャーを受けることを中心にしていた。ただ毎日同じ病気の患者のブログはチェックしていた」と述べた。


これを読んだ時に思い出したのが、「EPIC 2014」でした。

日本語訳 (「EPIC 2014」 : ネットは新聞を殺すのかblog より):

最高の状態では、EPICは、見識のある読者に向けて編集された、より深く、より幅広く、より詳細にこだわった世界の要約といえる。

しかし、最悪の場合、多くの人にとって、EPICはささいな情報の単なる寄せ集めになる。
その多くが真実ではなく、狭く浅く、そして扇情的な内容となる。


世界は、分断しています。

豊かさや社会的地位だけではありません。思想の土台になる情報源において、分断しています。

日本における「一億総中流」という統一された世界は、終戦によるリセットと、多くの人を受け入れる成功への大通りがあった高度成長がもたらした、貴重な世界だったのでしょう。

メトカーフの法則「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗(n^2)に比例する」によれば、分断した世界よりも、統一された世界のほうが価値が高いです。

初出:
Facebook 2016/12/ 9
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
Googlezon
http://takagi1.net/ezhtml/inw3/za_0811090.html#2

2016.12.17 18:03 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/679-2126951c

新しいトラックバックほど上に表示されます。