無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

DeNAのWELQ問題: DeNA社が運営する医療情報サイト「WELQ」が、検索エンジン対策のノウハウを盛り込んだ偽情報の記事を大量製造した事件。その結果、これらのウソ記事が、検索エンジン上位を乗っ取った。

この問題のひとつの側面は、検索エンジンの敗北である。

情報の信頼性の問題を、現在の検索エンジンは解決しきれなかったのである。

信頼性の高い情報を得るには、ネットユーザー自身の手間(あるいは、金)が必要である。スケールフリーな(=大勢の利用者が快適に利用できる)サービスを実現するには、利用者に自発的行動をさせることが、一つの助けになる。

しかし、何から何まで手間を掛けるわけにはいかない。文章を書く時に辞書を引いても、会話中に辞書を引くことはない、のと同じである。

ただ、辞書を引くコストを下げれば、辞書を引く回数は増えて、言葉の使い間違いが減る。
ならば、信頼性の高い情報を得るための手間を減らせばよい。それにより、人々は信頼性の高い情報を得るようになるだろう。

そこで、9年前に作った、

  サーチライト・システム

をアップデイトした (2016/12/18)。

しかし、この思考には、穴がある。手間を減らしたところで、信頼性の高い情報を得ることの価値が普遍的に認識されていなければ、減った手間は掛けられないのである。

ここで、この言葉を思い出した(と、そのときは思った。詳細後述):

  真理は、われらを豊かにする

確認すると、実は、国立国会図書館の設立理念ともいわれる「真理がわれらを自由にする」と、第14代 国立国会図書館長の長尾 真氏(在任期間: 2007-2012)が任期中に掲げた理念「知識が我らを豊かにする」が、私の頭の中で、組み合わさっていた。

「真理は、われらを豊かにする」が、普遍的に認識されていなければならない。

初出:
Facebook 2016/12/14
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
分断した世界
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-679.html

2016.12.23 21:29 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/680-3fe23545

新しいトラックバックほど上に表示されます。