FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

行く年 2018年は、「serial experiments lain」アニメ化 20周年の年でした。

「serial experiments lain」第6話

0:42~

たいしたもんだねぇ。そこまでリアルワールドの姿をメタファライズして、このワイヤードに来れるとは。


このシーンからの想起:

メディアとしての人体は、これまで人間にしか表現し得なかった。

しかし、現在、バーチャルYouTuber(VTuber)という形で、人工的な全身の3D映像が一般化した。

今のVTuberには、「中の人」がいる。この状況は、メディアとしての人体を通じて、ヒトがもっている知識の一部を、ヒトが受けている状態で、従来と変わらない。人間社会の中で知識が掛け合わされ、編集されている状態である。

しかし、早々に、「中の人」はいなくなる、あるいは高度に自動化される。その時、我々が対するメディアとしての人体を直接に司るのは、知能をもった機械である。

初出:
Facebook 2018/12/30
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
lain
http://takagi1.net/ezhtml/ezh/lain_0610210.html

分身ロボットというメディア
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-670.html

興味・関心を確保する
http://takagi1.net/mirai/archives/93

人は「目と口」に注意を払う
http://takagi1.net/eye/archives/656

バーチャル分野研究室
http://takagi1.net/v/index.html

2018.12.31 10:06 URL | TAKAGI-1 (admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/718-b5486806

新しいトラックバックほど上に表示されます。